スーパーラグビー・アオテアロア第3節、クルセイダーズvsチーフスはクルセイダーズが薄氷の勝利。

スーパーラグビー・アオテアロア第3節、大粒の雨が降りしきる中行われたクルセイダーズvsチーフスは18-13でクルセイダーズの勝利となりました。 クルセイダーズは前半、3-3でSOリッチー・モウンガ選手が上げたハイパントをWTBセヴ・リース選手がうまくキャッチし、右ライン際をビッグゲイン、サポートについていたFBジョーダン選手に繋い…
コメント:0

続きを読むread more

スーパーラグビー・アオテアロア第3節、ブルーズがハイランダーズを破り3連勝

スーパーラグビー・アオテアロア第3節、オークランドのイーデンパークで行われたブルーズとハイランダーズの一戦は、ホームのブルーズが27-24で辛くもハイランダーズを振り切って勝利しました。 いくつか印象に残った選手、プレーを挙げますと、まずはブルーズのWTBケイレブ・クラーク選手。すでに注目度が高まっているようですが、スピードもある…
コメント:0

続きを読むread more

スーパーラグビーアオテアロア第3節、圧倒的な強さが無かった(?)クルセイダーズと3連敗は避けたいチーフス

スーパーラグビーアオテアロア第3節、6月28日、クルセイダーズがホーム、クライストチャーチのオレンジセオリースタジアムにチーフスを迎えます。 クルセイダーズは開幕節お休みで、前節初登場し、ハリケーンズに快勝。トライの奪い方もクルセイダーズらしい見事なもので、私は「さすが、スーパーラグビー3連覇中の王者」と感じたのですが、ラグビーに詳し…
コメント:0

続きを読むread more

スーパーラグビーアオテアロア第3節、好調ブルーズがホームにハイランダーズを迎え撃つ

スーパーラグビーアオテアロア第3節、2連勝と勢いに乗るブルーズがホーム、オークランドのイーデンパークにハイランダーズを迎える一戦は6月27日に行われます。 ハイランダーズも開幕節に劇的なドロップゴールでチーフスを破っており、前節はバイウィーク。 FW、BK共に戦力が充実し、ハリケーンズ、チーフスと降しているブルーズ優位は揺るがないと…
コメント:0

続きを読むread more

ジョブ型採用の導入とラグビー部員の進路(1)

◆「終身雇用なんてもう守れない」経団連会長やトヨタ自動車社長から、終身雇用の維持は困難(というか不可)と言う言葉が出たことは記憶に新しい方も多いと思います。終身雇用は新卒一括採用と一体を成す制度なので、終身雇用制度の維持が困難と言うことは、新卒一括採用制度とその維持が困難、と言うことになります。 経団連中西会長の発言https://w…
コメント:0

続きを読むread more

スーパーラグビーオーストラリア大会で導入される新ルールについて考えてみる

スーパーラグビーオーストラリア大会で導入される新ルールについて、以前紹介させてもらいましたが、今回は私の頭の整理も兼ねて、少し詳しく見てみたいと思います。 まずはレッドカードの扱いです。レッドカードを提示されたプレーヤーは退場となりますが、その20分後に別のプレーヤーを投入することができます。これはアオテアロアでも導入されているルール…
コメント:0

続きを読むread more

スーパーラグビーオーストラリア大会は観客ありでスタート&独自ルール導入

オーストラリアのモリソン首相が先週金曜日に、7月1日から最大4万人収容のスタジアムで1万人までの観客を入れて良いと発表しました。 これを受けて、7月4日から始まるスーパーラグビー豪州大会も、観客をスタジアムに入れて行うことになります。 NZのように特段制限のなく観客を入れる、というところまでは行きませんでしたが、オーストラリアも新型…
コメント:0

続きを読むread more

スーパーラグビーアオテアロアのコーチングボックスにも要注目…!

6月13日に開幕したスーパーラグビー・アオテアロアで時折映るコーチングボックスの映像を見て思ったことがあります。それは、コーチ陣に知日派が多い、ということです。 例えばその代表格とも言えるのがハイランダーズです。 現日本代表HCのジェイミー・ジョセフ氏も前職はハイランダーズのHCです。彼は日本代表が歴史的3勝を挙げたRWC2015の…
コメント:0

続きを読むread more

スーパーラグビーアオテアロア第2節、初登場クルセイダーズがハリケーンズを降す

スーパーラグビーアオテアロア第2節、ハリケーンズvsクルセイダーズは39-25でクルセイダーズが勝利。ハリケーンズは連敗になりました。 クルセイダーズはアオテアロア初登場となり、ルールの新しい運用への適応能力を注目していましたが、確かに適応しきれない部分はあったと思います。クルセイダーズが自陣で犯したペナルティは、ハリケーンズSOガー…
コメント:0

続きを読むread more

スーパーラグビー・アオテアロア第2節。ブルーズ強し、敵地ハミルトンでチーフス破る。

スーパーラグビー・アオテアロア第2節、チーフスvsブルーズはブルーズがチーフスを24-12で破って開幕2連勝。チーフスはまさかの2連敗となりました。 観戦の感想は「ブルーズ、強い」の一言。強力な攻撃力を持つチーフスをノートライに抑えるディフェンスは圧巻でした。先日、チーフスは強力なバックスリー、つまり、スティーヴンソン・ワイヌイ・…
コメント:0

続きを読むread more

スーパーラグビーアオテアロア第2節、クルセイダーズ初登場でハリケーンズと対戦

スーパーラグビーアオテアロア第2節、ウェリントンで行われるハリケーンズvsクルセイダーズ。ウェリントンはハリケーンズのホームで、NZ北島の最南端にある。 開幕節でブルーズに快勝を許したハリケーンズがどう立て直してくるか?がポイント。それを測る相手として王者クルセイダーズはまたとない相手となります。 クルセイダーズは開幕節はバイウィー…
コメント:0

続きを読むread more

スーパーラグビーアオテアロア第2節、過去の対戦成績ではチーフスが圧倒しているが…ブルーズ戦

6月20日、ハミルトンで行われるスーパーラグビーアオテアロア、第2節。チーフスvsブルーズ。ハミルトンは南北あるNZの島でも、北島にあり、その北部にあります。 開幕節ではハイランダーズの本拠地ダニーデンと対戦したチーフスですが、ダニーデンは南島の南部にあるので、選手達の吐く息も白かったですが、それよりは暖かい中での試合になりそうです。…
コメント:0

続きを読むread more

日野レッドドルフィンズ佐々木隆道引退

日野レッドドルフィンズの佐々木隆道選手が現役引退とキヤノンイーグルスコーチ就任が発表されました。 https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2020/06/15/kiji/20200615s00044000003000c.html 最近ラグビーを見始めていただいた方には、あまり馴染みのないかも知れ…
コメント:0

続きを読むread more

【コラム】多様性への寛容、NZの人々への敬意。

6月13日、NZで「スーパーラグビー・アオテアロア」が開幕しました。プロスポーツそのものは、例えば台湾のプロ野球やヨーロッパのサッカーが始まっていますが、この「アオテアロア」が先駆的なのは、人数などの制限なく観衆をスタジアムに入れたことです。開幕戦、ダニーデンで行われたハイランダーズvsチーフス、首都オークランド行われた2試合目、ブルー…
コメント:0

続きを読むread more

福岡選手、7人制ラグビー五輪代表断念について

パナソニックワイルドナイツに所属し、昨年のラグビーW杯でも大活躍した福岡選手が、記者会見を開き、7人制ラグビー五輪代表を断念する、ということを明らかにしました。 私はその記者会見を見たわけではなく、各スポーツ紙のネット記事を読んだだけなので、事実の誤認があれば申し訳ないが、別にラグビーから引退するということではなさそうです。 これま…
コメント:0

続きを読むread more

スーパーラグビーアオテアロア、開幕節で感じたルール運用の厳格化

スーパーラグビー・アオテアロアではブレークダウン周辺のルール運用が厳格化されている。 これにはどのような意図があり、どのような効果をもたらそうとしているのか? この厳格化は特に2つの観点で考える必要がある。 1つ目は寝ているプレーヤーはすぐにボールを手放すと言う観点。 まず前提として、ラグビーではプレーは立って行うもの。タックル…
コメント:0

続きを読むread more

スーパーラグビーアオテアロア開幕節、ブルーズがホームにハリケーンズを迎えて…

満員のオークランド、イーデンパークで行われたブルーズvsハリケーンズ。イーデンパークはブルーズの本拠地だが、こんなに満員のスタンドは見たことがない。新型コロナウイルスによる中断前に行われた試合だと、スタンドはガラガラだった。 試合はホーム、ブルーズが勝った。特に印象に残ったのはファーストトライ。この日何度も要所でゲインしてハリケーンズ…
コメント:0

続きを読むread more

スーパーラグビーアオテアロア開幕、両者譲らないシーソーゲームの行方は?

スーパーラグビー・アオテアロアが開幕した。開幕カードはハイランダーズvsチーフス。試合は両者互いに譲らないシーソーゲームとなった。 ハイランダーズは強みのラインアウトモールでスコアを重ね、逆にチーフスは大外展開からトライを奪っていた。 試合は最終盤にダミアン・マッケンジーがドロップゴールでチーフスが逆転に成功したと思いきや、その数分…
コメント:0

続きを読むread more

ボーデン・バレット選手はFBで先発。当日記の予想は大胆に外れ!

スーパーラグビー・アオテアロア、6月14日に行われるブルーズvsハリケーンズのメンバーが発表された。 注目されていたブルーズの選手起用だが、ボーデン・バレット選手はFBで先発。当日記は「ブルーズはBバレット選手をSOで起用。FB起用は無い」と予想していましたが、大胆に外した。SOに入ったのはオテレ・ブラック選手。 Bバレット…
コメント:0

続きを読むread more

スーパーラグビーアオテアロア、ハイランダーズvsチーフスのラインアップ発表

スーパーラグビーアオテアロア、開幕カード、ハイランダーズvsチーフスのラインアップが発表されている。 ハイランダーズはSOに当日記期待の若手、ジョシュ・イオアネ選手が入っている。中断前にはSOにミッチ・ハントが入り、ジョシュ・イオアネは12番になっていたが、今回、ハントはFBに下がっている。 対するチーフスはSOにクルーデンではなく…
コメント:0

続きを読むread more

スーパーラグビー・オーストラリア大会のスケジュール発表。ユニオンラグビーの人気復活に繋げられるか?

スーパーラグビーのオーストラリア国内大会について続報があった。オーストラリアラグビー協会は放映についてFOX SPORTSと契約が完了したとのこと。 大会のフォーマットは、スーパーラグビー参加4チーム(ブランビーズ、ワラターズ、レベルズ、レッズ)に以前までスーパーラグビーに参加していたフォースを加えた5チーム。 この5チームがホーム…
コメント:0

続きを読むread more

スーパーラグビーアオテアロア、カーター選手の起用法を予想してみる。

 私がブルーズのHCならカーター選手をどう起用するだろうか? ブルーズには、オテレ・ブラック選手ハリー・プラマー選手ペロフェタ選手と3名のSOがいた。しかしどの選手も帯に短し襷に長しで、絶対的なSOは確立できていなかったように思う。 しかしそこにオールブラックスで、ハリケーンズでは主にSOを努めたBバレット選手を獲得した。…
コメント:0

続きを読むread more

「スーパーラグビー・アオテアロア」、注目はやはりブルーズ??

Bバレット選手とダン・カーター選手の加入により、注目を集めるブルーズ。 私はこれまでブルーズに余り注目してこなかったが、彼らの加入を受けて、スーパーラグビー2020、新型コロナウイルス感染拡大による中止前の2試合を視聴してみた。 WEEK1 vsチーフスWEEK3 vsクルセイダーズ 両方とも敗戦ではあったものの、選手を見ていると…
コメント:0

続きを読むread more

スクラムの優劣がBKのプレーに与える影響について考える

今日は少しを目先を変えてスクラムについて書きたいと思う。 もちろんスクラムについて書くといっても、実際に組んだことはないので、スクラムの中身というよりもスクラムの優劣がBKのアタック、ディフェンスにどのような影響を与えるか、説明をしてみたい。 スクラムはご存じの通り両チームのFWが組むが、この優劣がゲームに与える影響は単にF…
コメント:0

続きを読むread more

カーター選手が加わるブルーズはどんなチームなのか?スーパーラグビー2020WEEK1、チーフス戦を改めて観戦

「スーパーラグビー・アオテアロア」を観戦したくて、Jスポーツと再契約。 「アオテアロア」は来週開幕なので、今日はスーパーラグビー2020のWEEK1、ブルーズvsチーフスを観戦。世界的スター、カーター選手が加わるブルーズがどんなチームか知りたかった。 結果を知らない(覚えていない)状態で見始めたが、チーフスが勝つのかなと思っ…
コメント:0

続きを読むread more

中日ドラゴンズの「アライバコンビ」対談からラグビーに生きること

プロ野球中日ドラゴンズの黄金期を支えた二遊間、荒木雅博氏と井端弘和氏、いわゆる「アライバ」コンビの対談をYouTubeでたまたま見た。 ラグビーでも当てはまりそうな話があったので紹介したい。 2人の息のあった守備での連携プレーはドラゴンズファンでなくてもよくご存知だと思うが、2人が共にスタメンで出だした頃は、打者が変わったり投手が投…
コメント:0

続きを読むread more

スーパーラグビー・アオテアロアで導入されるルール変更

スーパーラグビーチームによるNZ国内大会、スーパーラグビー・アオテアロアが6月13日に開幕する。 参加するのは以下の5チーム。 ・クルセイダーズ・ブルーズ・チーフス・ハリケーンズ・ハイランダーズ この「アオテアロア」では主に2点のルール変更が導入される。 1つ目がゴールデンポイント制。前後半80分戦ったのち同点だった場合、従来は…
コメント:0

続きを読むread more

ダン・カーター選手、ブルーズに加入

元オールブラックス不動のSOで、今シーズンまでトップリーグの神戸製鋼に所属していたダン・カーター選手が、ブルーズに加入し、スーパーラグビー・アオテアロアに参戦すると報じられた。 カーター選手は、オールブラックスのSO、つまり司令塔としてRWC2011、2015の連覇に貢献した後は代表から引退し、フランスでプレーした後、日本の神戸製…
コメント:0

続きを読むread more

サンウルブズ、オーストラリア国内大会への参入断念

スーパーラグビーに所属するサンウルブズは、オーストラリア国内大会への参入を目指して、オーストラリア政府、オーストラリアラグビー協会などと調整していたが、最終的には断念することとなった。 ここで、なぜ日本のサンウルブズがオーストラリア国内大会への参入を目指していたのか?そしてオーストラリア国内大会とはなにか?疑問に感じた方も多いと思う。…
コメント:0

続きを読むread more

ラグビー、ほんの7年前までは妄想の範囲ですら無かった“全英代表”ライオンズとの対戦

ラグビー日本代表が来年2021年にスコットランドのマレーフィールドでブリティッシュ&アイリッシュライオンズ(以下ライオンズ)と対戦と言う報道があることを紹介した。 ライオンズは4年に一度編成され、前回2017年はNZへ、前々回2013年は豪州へ遠征している。と言う事で次回は来年2021年で、遠征先はRWC2019王者南アである…
コメント:0

続きを読むread more

伝説「雪の早明戦」〜試合内容が頭に入ってこない〜

NHKBSで1987年12月6日のいわゆる「雪の早明戦」を視聴した。「雪の早明戦」は長い早明戦史上でも伝説となっている著名な一戦だが、私は初めて観た。 両軍選手には後に有名になった方で言うと明治WTB吉田、早稲田NO8清宮、SH堀越、WTB今泉などがいる(敬称略)。 前日に降り積もった雪を当日試合直前まで掛かって除雪したというフィー…
コメント:0

続きを読むread more

ラグビー日本代表、”全英代表”と対戦か 2021年スコットランドで

日本代表とブリティッシュ&アイリッシュライオンズ(以下ライオンズ)が対戦する可能性が報道されている。 ライオンズと対戦できるチームは限られており大変な栄誉と言える。ほんの数年前まで日本代表がNZ代表や豪州代表とテストマッチを組むことすら夢のようだった事に思いを致さざるを得ない。 ライオンズはイングランド、ウェールズ、スコット…
コメント:0

続きを読むread more