南米版スーパーラグビー「スーパーリーガ・アメリカーナ」

南北アメリカ大陸にはアルゼンチンくらいしか強豪国が見当たらないが、将来的には他に何カ国も現れるかもしれない。 その根拠の1つが南米版スーパーラグビー構想。スーパーリーガ・アメリカーナ。参加国はアルゼンチン、パラグアイ、ブラジル、ウルグアイ、チリで、後からコロンビアが加入。 よくわからないがアルゼンチンは既にジャガーズがスーパーラグビ…
コメント:0

続きを読むread more

オーストリア代表の「ギタウ・ルール」。緩和するべき?それとも…

豪州代表は、国内チームから優秀な選手が流失するのを防止するため、オーストリア国内でプレーする選手から選ばれるのが原則。 しかし、2015年に「海外でプレーしていても60キャップ以上保有していれば豪州代表候補となれる」というルールが導入された。 これは当時仏でプレーしていたマット・ギタウを招集するために作られたルールなので「ギタウ・ル…
コメント:0

続きを読むread more

強豪校が留学生や他県から優秀な選手を集めて勝つ。これはズルい?(後編)

では、スポーツから目を転じて、勉強だとどうだろうか。 例えば県外から学問優秀な生徒を集める灘高校や鹿児島ラ・サールのことをズルいと思うだろうか。 なぜかスポーツの時と異なり、学問に話を限ると、それはいいんじゃないか、という気持ちになる。 それはなぜだろうか。 私の中でまだうまく理論的な説明が出来ないが、どこかで学問を優位に見て、…
コメント:0

続きを読むread more

強豪校が留学生や他県から優秀な選手を集めて勝つ。これはズルい?(前編)

大分県予選を33連覇していた大分舞鶴がついに破れ、今年の花園には大分東明が出場することになった。 このことを大分出身の同級生に話すと「あそこはスポーツ校でラグビーに限らず県外から生徒を集めてる。それにラグビーは留学生もいるんでしょ?」と。 そこで私は「んー、それは大分県代表とは言い難いな」と思ったが、やがてこうも思った。 これは、…
コメント:0

続きを読むread more

朝日大学vs八戸学院大学は朝日大学が圧勝で次戦に駒を進める

25年ぶりの全勝対決となった早明戦に世間は湧いたが、大学選手権の幕は切って落とされている。 朝日大学vs八戸学院大学は、朝日大学が八戸学院大学を圧倒して、次戦、九州共立大との戦いに駒を進めた。 愛知県出身の私でも、東海地方代表という朝日大学がどこにあるのか知らなかったが、調べたら岐阜県瑞穂市にあるらしい。 外国人留学生がいることは…
コメント:0

続きを読むread more

にわかファンを、にわかにするのではなく、繋ぎ止めておくために

W杯が盛り上がった時に、にわかファンという言葉が話題になると共に、以前からのファンとにわかファンで区別する必要があるのか?といいうことが論じられた。 にわかファンもオールドファンも関係ない、ファンはファンだ、という尤もな主張が見られたが、問題はそこではない気がする。 にわかファンはW杯やその後に残る熱が冷めれば去ってしまうからにわか…
コメント:0

続きを読むread more

明治はもう帝京に勝てないのかも、とおもう日もあったが。大学ラグビー

明治vs帝京は月並みな表現だが明治の強さが改めて明確になった一戦だった。 帝京が連覇を続けていた頃、明治はもう2度と帝京に勝てないのではないか?と思っていた。明治のアタックは帝京のディフェンスにぶつかると、簡単に倒れていたし、逆に明治のディフェンスは、帝京にやすやすとゲインを許していた。 しかし、明治は田中HCの元、恐らくラグビーと…
コメント:0

続きを読むread more

清宮副会長、プロリーグ構想について発言

Twitter、日経新聞ラグビーアカウントより。 「さいたま市でのシンポジウムにラグビー協会の清宮副会長らが登壇。プロリーグ構想について「協会でも総論は賛成だが、前回の理事会で『やり方があるよね』と。指摘してもらった所を固め直している段階。個人的にはかなり不満だが勉強だと思ってやろうと思っている」と話しました。」 新しい取り組みを推…
コメント:0

続きを読むread more

今日は伝統のラグビー早慶戦

11月23日はラグビー早慶戦。これは、いつからかは知らないが昔から決まっている。早慶両校のラグビー定期戦であり、関東大学対抗戦グループの公式戦も兼ねている。 早慶戦は1922年に始まったらしい。毎年開催されているとはいえ、戦争による中断もあるからまだ100回には満たないかも知れないが、立派な伝統である。 早明戦も含めて対戦校の全国的…
コメント:0

続きを読むread more

大学選手権出場をかけ、大東文化と流経が対戦

関東大学リーグ戦、大東文化大vs流経大の一戦。リーグ戦は、東海大が優勝確実(確定?)。大学選手権への枠はあと2つ。 その2枠を争うのが、大東文化、流経、日大の3校。この一戦は、大東文化と流経にとっては大学選手権出場に向けて非常に重要な意味を持っていた。 試合はやはり拮抗して最後のワンプレーまで勝敗の行方が分からない好勝負となった。2…
コメント:0

続きを読むread more

ラグビーW杯の熱狂を池田純氏はどう眺める?

池田純氏の見立て。 https://bunshun.jp/articles/amp/15427?page=1 池田氏は日本ラグビーフットボール協会特任理事、サンウルブズの理事やチーフ・ブランディング・オフィサーを経験。今はいずれの役職にも就いていない。 ラグビーW杯がこれだけ盛り上がるというのは予想できたという部分は「?」だが、確…
コメント:0

続きを読むread more

花園ラグビー奈良県大会決勝戦に思うこと

花園奈良県予選決勝、天理vs御所実業を録画観戦。最終的に勝ったのは御所実業。 御所実業は春の選抜大会で準優勝している。その御所実業を相手に、天理は後半15分まで同点だった。 奈良県の花園予選決勝は、長らくこの2校で争われており、いずれが出てもいいところまで行けると俗に言われているが、上記の試合展開がそれを物語っている。 では奈良県…
コメント:0

続きを読むread more

ジョセフ氏、日本代表HC続投

ジェイミー・ジョセフ氏の日本代表HC続投が決まった。 https://www.rugby-japan.jp/news/2019/11/18/50241 ジョセフ氏はジャパンを史上初のベスト8に導いたが、裏を返すとそれ以上の実績はない。 とは言え、ベスト4をかけた戦いで敗れた相手が結果的に優勝した南アフリカ代表だったことを考えると、…
コメント:0

続きを読むread more

花園予選、桐蔭学園vs関東学院六浦他

花園予選、神奈川県大会準決勝を観戦。 第1試合は桐蔭学園vs関東学院六浦。 試合の方は桐蔭学園の力が攻守ともにあ圧倒的で、関東学院六浦は歯が立たなった。第2試合の慶應義塾vs東海大相模を見ても、関東学院六浦の力はやや劣る。 とは言え、関東学院六浦は守備は桐蔭学園のアタックを止めている時間帯もあった。守備は良いのでアタックを改善する…
コメント:0

続きを読むread more

ラグビーと柔道。それぞれの試合後の振る舞いについて

ラグビーW杯を機に「ノーサイド」とラグビー選手たちの試合後の振る舞いが話題になっている。 ラグビーでは試合後に花道を作って相手チームを送り出すというのはさほど珍しい光景ではないし(クラブレベルでも見かける)、大学ラグビーでは「three cheers」と言って互いに相手の健闘を讃える。 勝者がノーサイドの笛のあとに喜びを爆発させるこ…
コメント:0

続きを読むread more

真壁選手の引退とエディ・ジョーンズ氏「ディレクター・オブ・ラグビー」就任

サントリーサンゴリアスから真壁選手の引退とエディ・ジョーンズ氏の「ディレクター・オブ・ラグビー」就任が発表された。 真壁選手の引退は感慨深い。と言うのはW杯2015年大会後、真壁選手とお話させていただいたことがあるからだ。 と言っても私は聴衆の一人で、話したと言っても握手してもらったり、一緒に写真に収まってもらったり、その時、少し会…
コメント:0

続きを読むread more

慶應は明治に大敗。なりふり構わぬ強化策は未だ奏功せず。

慶應が明治に大敗した。慶應は早稲田、帝京戦を残して2勝3敗。大学選手権への枠を争いそうな日体、筑波にも負けており、大学選手権への道すら断たれた(と思われる)。 これは慶應関係者にとってはショッキングな結果だろう。慶應ラグビー部は今年創部120周年の記念すべき年。慶應はライバル校に比べトップリーグ、日本代表となるOBが少ない中、栗原HC…
コメント:0

続きを読むread more

早稲田、帝京に9年ぶり勝利に思うこと

早稲田が帝京に勝った。なんと9年ぶり。帝京に勝って、飛んで喜ぶ早稲田の選手たちを見て、彼らがこの一戦に掛けてきた努力と思いが伝わってきた。 一方で違和感を感じたのも事実。私が学生の頃はまだ早稲田をはじめとした伝統校は、帝京など歯牙にもかけない感じだった。 それが帝京が急速に強くなり、2015年には早稲田が帝京に92点も取られて負けた…
コメント:0

続きを読むread more

トップリーグチームの地域的偏在が顕著

トップリーグ公式ツイッターより。  このツイートの趣旨は「推しチームを作ろう」なのですが、皮肉なことに地域的偏在が露わになっています。 トップリーグは企業チーム↓ラグビーチームを保有できるような大企業は関東に集中↓トップリーグのチーム16チームのうち9チームが関東(東京・千葉・神奈川)に集中 トップリーグがいかに地方での…
コメント:0

続きを読むread more

たまにはラグビー以外の話。ドラゴンズが福田選手の獲得に動いている件を考える

たまにはラグビー以外の話を。 私は愛知県出身で、ドラゴンズファンとして育ちました。ラグビーにハマるタイミングと、ドラゴンズが弱くなるタイミングが重なったため、最近は以前ほどフォローできなくなっていますが、それでも一応気に掛けています。 (結果、入ってくるニュースには、ため息をつきたくなるものが多いのですが。) そのドラゴンズが、ソ…
コメント:0

続きを読むread more