テーマ:大学ラグビー

【第8回関東大学春季大会】早稲田vs帝京

遅ればせながら、関東大学春季大会、注目度の高いカード、早稲田vs帝京。 ここまでの春季大会の戦いぶりを見て、私は早稲田にも勝機ありと思って見始めたのですが、東海大や大東文化大を苦しめた、テンポが速くて、バリエーション豊かなバックス攻撃が不発でした。 どちらかというと、帝京の、前に出て止めるディフェンスが有効に機能して、早稲田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【第8回関東大学春季大会】慶應vs東海

6月16日に東海大グラウンドで行われた、第8回関東大学春季大会Aグループ最終節、慶應vs東海。 流通経済と引き分けたものの、帝京、早稲田、大東文化に勝利してきた今年の大学選手権優勝候補の一つ、東海と、前節で大東文化に勝利し、初白星を挙げた慶應。 結果は29-17で東海の勝利。 慶應は、ポジティブ・トランジションからの攻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早稲田のSO吉村選手、光る

6月9日、大分にて早稲田vs明治戦。 この試合は、関東大学春季大会ではなく、招待試合です。 ネット記事を見ていると「令和最初の早明戦」の文字が踊ります。 なんでも「令和初の」と呼称しすぎなのでは? と、つい言いたくなります。 私は、冬の早明戦こそが早明戦であって、今回のは早明戦であって早明戦でないと考えてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【第8回関東大学春季大会】慶應vs大東文化

共に3敗同士でまだ勝ち星がない慶應と大東文化が対戦しました。 大東文化は、昨シーズンの大学選手権準々決勝で、天理に敗戦。 大東文化を退けた天理は、その後、選手権10連覇を目指す帝京も下し、決勝へ。 その天理を相手に、敗れた試合のスコアは17-30。 頂点を狙えるレベルに、あと少しであることを示しました。 対…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【第8回関東大学春季大会】早稲田vs大東文化

6月2日に熊谷ラグビー場で、早稲田と大東文化が対戦しました。 ここ数年メキメキと力をつけてきた大東文化。 接戦になるか、もしかしたら、大東文化が勝つかも、と思っていたカードです。 しかし、結果は早稲田が47-24で勝利しました。 しかも、主力中の主力、SH斎藤選手とSO岸岡選手抜きで。 (SHには河村選手、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明治が今年も帝京を下す

6月2日、成田ラグビーフェスティバルで、明治と帝京が対戦。 これは、第8回関東春季大会の枠外の試合です。 (明治は、昨シーズン大学選手権優勝しましたが、対抗戦4位扱いで、Bグループ) 結果は、35-17で明治勝利。 ほんの数年前まで、帝京に真っ向FW勝負を挑む大学なんてありませんでした。 どちらかというと、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【第8回関東大学春季大会】帝京vs東海

このカードは山梨で行われました。 大学のグラウンドでやる場合と、中立地というか、立派なスタジアムでやる場合と、なにが違うのでしょうか。 それはさておき、大学選手権の決勝みたいなこのカードは、最終的に東海大が31-26で勝利します。 興味深いのは、両チーム共に外国人留学生をスターターで3人同時起用していないこと。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【第8回関東大学春季大会】早稲田vs慶應

第8回関東大学春季大会の早稲田vs慶應を観戦しました。 この春季大会は、基本的に対戦する大学のどちらかのグラウンドで試合が行われています。 が、この試合は、長野の立派なスタジアムで行われていました。 試合内容は、早稲田が開始から後半頭にかけて4連続トライ。 最終的には36-12で快勝しました。 慶應は、終始…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【第8回関東大学春季大会】早稲田vs流通経済

第8回関東大学春季大会の早稲田vs流通経済を観戦。 前節で、試合終了間際、東海大にスクラムトライを献上し、逆転負けを喫した早稲田と、FW、BKともに優位に立ち、慶應を相手に快勝した流通経済。 私は、早稲田の苦戦を予想しました。 早稲田も、大きくくくれば慶應と似たプレースタイル。 フィジカルでどうかと言われれば、小…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【2019年度関西春季トーナメント】同志社vs天理

2019年度関西大学Aリーグ春季トーナメント、同志社vs天理を観戦しました。 同志社は関西学院を69-0、天理は摂南を74-5で破っての2回戦となります。 春季トーナメントの戦績は秋のリーグ戦と連動しており、春季トーナメントの結果によりリーグ戦の対戦表が決まります。 よって、いわば対抗戦とリーグ戦の交流戦という位置付け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【第8回関東大学春季大会】明治vs筑波

先週のゲームになりますが、明治vs筑波の試合を観戦しました。 明治は、昨年度の大学チャンピオンですが、対抗戦では4位扱いでしたので、この春季大会では、Bグループに属しています。 関東大学春季大会は、すごく割り切っていうと、対抗戦とリーグ戦の交流戦みたいな存在で、前年度の対抗戦・リーグ戦の順位に応じて、上位からA・B・Cグルー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【第8回関東学生春季大会】早稲田vs東海大

第8回関東学生春季大会、東海大vs早稲田。 注目は両チームのSO。 東海大の丸山選手、早稲田の岸岡選手、共に年代別の日本代表に選ばれ、ジュニアジャパンとして挑んだパシフィック・チャレンジ2019ではチームメイトになっています。 パシフィック・チャレンジ2019先発SO サモア戦 岸岡選手 フィジー戦 岸岡選手 ト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【第8回関東大学春季大会】慶應vs流通経済

慶應と流通経済は、力関係がまだ定まっていないカードだと思います。 (この日のスコアは流通経済38-12慶應でした) だから、どちらがどちらに挑む、というような図式ではない印象。 流通経済は、帝京戦に続いて2試合目の観戦になりましたが、相変わらず、フィジカルはいいし、LO、NO8、CTBで同時先発している外国人留学生は強…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【第8回関東大学春季大会】明治vs青山学院

5月4日、明治と青山学院が対戦。 しかし、前半途中で、悪天候中止となりました。 中止前のスコアは明治36-5青山学院。 明治は、昨シーズン主にFBで出場していた山沢選手を、SOに起用していました。 山沢選手と言えば、強靭な体幹を活かしたランニングが脅威でしたが、この日はSOとしてゲームメイク。 ラン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【第8回関東大学春季大会】帝京vs流通経済

最終スコアは50-19で帝京が圧勝します。 が、前半は17-12と、非常に僅差で、流経がリードする時間帯もありました。 帝京は、昨年度までに続き、スクラムで劣勢でした。 昨年度、10連覇の夢が潰えた天理戦はまだ記憶に新しいところですが、あの試合もスクラムでやられていました。 帝京を倒すには、今年もスクラムを狙うの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【第8回関東大学春季大会】明治vs拓殖

今年で8回目を迎えた関東大学春季大会、Bグループの明治vs拓殖を、前半だけ観戦。 開始早々から拓殖が明治陣でプレー。 前半15分頃まで、昨季大学チャンピオンの明治に対して互角に渡り合っていたので、もしかすると?と思いましたが…。 徐々に明治がペースを掴み、トライラッシュ。前半だけで、5トライを奪っていました。 明…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more