6ネーションズに日本とフィジーが参加し「8ネーションズ」?

6ネーションズに日本とフィジーを加えた「8ネーションズ」が取り沙汰されています。


まず前提として本大会に参加するか否か、日本ラグビーフットボール協会は正式にコメントを出していません。

昨年のワールドカップで日本代表が快進撃を見せ、今年もイングランドやウェールズ、スコットランドやアイルランドとのテストマッチが組まれていたのが、コロナウイルスの影響で中止となり、ガッカリした関係者、ファンも多いはず。

それもあって、今回の「8ネーションズ」は好意的に受け止められているようです。

私ももしこの大会が実現し、日本代表が十分に準備できる状態で臨めるのなら大変素晴らしいことだと思いますが、果たして、十分な準備はできるでしょうか?

その点が心配です。

日本代表に関して言えば「8ネーションズ」に臨むにあたっては、事前に最低でも2試合程度は試合をしてから臨みたいところです。

事前試合を日本でやるか、現地でやるか、にもよりますが、11月の第2週から大会が始まるなら、隔離期間に2週間取られるとして、10月末には現地入りする必要があります。

トップレベルの選手たちがテストマッチの状態まで持っていくのにどらくらいの期間を要するのかわかりませんが、戦術の落とし込みなんかも含めれば、1ヶ月間くらいは準備に欲しいところです。

そうなると日本代表の集合は9月末?となりますが…。

ワールドカップで、アイルランドやスコットランドに勝ったのだから、大丈夫だと言う方もいるかも知れませんが、あれは何百日もな厳しい合宿や、スーパーラグビーのBチームとの試合、またパシフィック・ネーションズ・カップなどのプロセスを経てのものです。

と言うのも、上で「ラグビーリパブリック」のURLを貼り付けましたが、そこでも書かれている通り、6ネーションズ各チームは、キャンセルされた試合をこなしてからの8ネーションズ、となります。

日本ラグビーフットボール協会が、参加する、しないの正式な回答をまだ出せないのは、これらの準備に関する調整を行っているからではないか?と思います。

以上

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント