トヨタ自動車ヴェルブリッツがカップ戦辞退するのは妥当か?

トヨタ自動車ヴェルブリッツの樺島選手が、コカイン所持の疑いで逮捕されました。

https://www.nikkansports.com/m/sports/rugby/news/201906200000330_m.html?mode=all

ヴェルブリッツHPには、重大な法令違反と記載。

http://sports.gazoo.com/verblitz/news/2019/06/006073.html

日本協会の岡村会長もコメント。

https://www.rugby-japan.jp/news/2019/06/20/49977

さらに、ヴェルブリッツは、週末から始まるカップ戦を辞退すると、正式に発表しました。

https://www.top-league.jp/2019/06/21/toyota-2019-4/

本人は逮捕容疑を否認しているにも関わらず、この対応には違和感を覚えます。

他のあらゆる事件でもそうですが、逮捕は必ずしも有罪を意味しません。今回の件で言うと、樺島選手の財布からコカインが出てきましたが、この所持について故意性の有無が問われるようです。

可能性としては、例えば樺島選手を貶めてやろうと思った人が、樺島選手の財布にコカインを入れ、樺島選手がそれに気付かなかった、ということもありうる訳です。

少し違う話ですが、ニュージーランドでチームメイトに暴行し、起訴までされているマフィ選手が、トップリーグ公式戦に出て、日本代表候補合宿に参加している事実は、どのように整理するのでしょう?

さらに、樺島選手の有罪無罪とは別に、彼のプライベート中の行動で、チームが公式戦辞退するのか?という問題です。

他の選手も、組織的にコカインを所持していたというのなら、実態を解明するまで、試合を組めないというのは、理解できます。

だから、私は、もしかしてヴェルブリッツがその可能性(他の選手がコカインを所持している)まで視野に入れてるのではないか?と勘ぐってしまいます。

この件がどうなるかわかりませんが、余りにも清く正しくしようとしすぎて、白の可能性が残っているのに、黒かもしれないから黒だとまず決めつけて掛かるやり方は、なんとなく息苦しさを感じます。

それでは、また。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック