【第8回関東大学春季大会】明治vs青山学院

5月4日、明治と青山学院が対戦。

しかし、前半途中で、悪天候中止となりました。

画像


中止前のスコアは明治36-5青山学院。

明治は、昨シーズン主にFBで出場していた山沢選手を、SOに起用していました。

山沢選手と言えば、強靭な体幹を活かしたランニングが脅威でしたが、この日はSOとしてゲームメイク。

ランニングに優れた山沢選手をSOに据え、かつ、FWの推進力もあるので、青山学院は外側のディフェンスが手薄になりがち。

その結果、明治WTB小島選手に16分頃までに3トライを献上してしまいました。

明治は、拓殖を下し、この日はノーゲームになったものの、青山学院を圧倒。

ただ拓殖や青山学院相手の試合で、明治の今季を占うのはやや困難。

それでも、FWからでも、BKからでも、どこからでもアタックする魅力的なラグビーを、今シーズンも見せてくれそうです。

それでは、また。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック