【RWC2019】ジャパンのメンバーに選ばれるのは?

いよいよ、9月に迫ったラグビーワールドカップ2019(RWC2019)日本大会の開幕。

ジャパンのメンバーは、どうなるのでしょうか。

ワールドカップの最終登録メンバーは、31名。

前回大会では、8月31日に発表され、FW17名、BK14名。

今回も、割り振りは、ほぼ同様だと思っています。

FW17名は、前列で8名~9名、バックファイブで9名~8名でしょう。

左プロップは、稲垣選手、三上選手の前回組に、中島イシレリ選手が加わるか。

右プロップは、山下選手、ヴァルアサエリ選手、具選手。

フッカーは、堀江選手。あと1名か2名。北出選手、庭井選手が候補になります。

ロック、フランカー、No.8は、兼務もあるので、予想が難しいのですが、リーチ選手、ツイ選手、姫野選手、ヴィンピー・ファンデルバルト選手は当確では?

ここに、LO専任の4名?3名?

現時点でジャパンの資格がない選手もいるので、ますますややこしいのですが、ラブスカフニ選手、ハッティング選手、ルーク・トンプソン選手。

あと1名は、ラーボニ・ウォーレンボスアヤコ選手、アマナキ・レレイ・マフィ選手なんかが可能性あります。徳永選手にもチャンスあり。

BK14名は、ハーフバックス5名、センター4名、バックスリー5名くらいかな。

SHは、流選手、田中史朗選手は当確で、あと1枠。

茂野選手、日和佐選手、内田選手の争い。

SOは、田村優選手が軸で、バックアップを誰と考えるか。

山沢選手を激推ししておきます。

松田力也選手は、CTBとしてカウント。

が、CTBは、予想が難しいので先にバックスリーから。

福岡選手、レメキ選手、松島幸太郎選手が1本目。

山田章仁選手と山中亮平選手が、ここに加わると見た。

CTBは、先述の松田力也選手に最近ケガで見かけないラファエレ選手、トゥポウ選手、立川選手。

そして、最後に、チーフスでプレーするアタアタ・モエアキオラ選手。

彼はFWでもプレーできます。

果たして、この予想は当たるのか。

それでは、また。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック